芝浦工業大学

2013年11月 の記事

Seminar 2013 公開講座2013 水辺の都市

水辺の都市をテーマに講師を招いて公開講座を3回行ないました Open seminars.
主催 芝浦工業大学 後援 港区 ポスター
第1回2013年11月28日(木)1830-2000 バルセロナの都市再生 龍谷大学阿部大輔さん
第2回2013年12月 5日(木)1830-2000 東日本大震災 復旧・復興の現状と計画 岩手大学三宅諭さん
第3回2013年12月12日(木)1830-2000 東京築港と芝浦の歴史 早稲田大学川西崇行さん
131128abe.JPG shibauracanal.JPG
131128第1回公開講座 バルセロナの都市再生 Barcelona.
龍谷大学阿部大輔さんにバルセロナ・モデルと呼ばれる社会政策から都市開発そして建築空間に至るまで一連をアーバンデザインと捉えて話していただきました。学内外から市民と学生合わせて87名が参加されました。
131128abe2.jpg 131128abe3.jpg 131128abe4.jpg
131205第2回公開講座 東日本大震災復旧復興の現状と計画 East Japan earthquake.
岩手大学三宅諭さんに岩手県沿岸部の状況を解説していただきました。学内外から81名が聴講しました。ひとことに津波被災地といっても被害の受け方も復旧復興の道筋も個々に違うことが実例を通してわかりました。
131205miyake.JPG 131205miyake2.jpg 131205miyake3.jpg
131212第3回公開講座 東京築港と芝浦の歴史 History of Tokyo port and harbor.
早稲田大学川西崇行さんに東京ならびに日本の近代化・経済成長と関連づけて東京港の変遷をたどっていただきました。学内外から78名が聴講しました。関東大震災からの復旧復興において芝浦地区の海運が大きな役割を果たし、それが東京港の整備を進める一契機となったことがわかりました。
131212kawanishi1.JPG 131212kawanishi2.jpg

posted on 2013/11/28

Studio 2013 プロジェクト演習2013 歴史的木造建築の保全活用

131121デザイン工学科建築・空間デザイン領域3年プロジェクト演習で旧協働会館を見学しました。戦前花街の見番として建築され宿泊施設を経て2009年港区が文化財に指定したものです。都心に残る貴重な木造建築を題材にこれから2ヶ月演習を行ないます。 Site visit.
131121kyodo1.JPG 131121kyodo2.JPG 131121kyodo3.JPG
131128デザイン工学科建築・空間デザイン領域3年プロジェクト演習で港区指定文化財旧協働会館の構造模型を作りました。8〜9名/班が実測図をもとに現地見学を思い出しながら1週間で完成しました。 Timber model.
131128model1.JPG 131128model2.JPG
140116デザイン工学科建築・空間デザイン領域3年プロジェクト演習で港区指定文化財旧協働会館にアイデアとデザインを出し合いました。3ヶ月の検討を経て約40名が学内講評会に臨みました。 Presentation
140116presen.JPG 140116presen2.JPG 140116presen3.JPG

posted on 2013/11/21

Workshop 2013 学生企画2013 都市の座

131116デザイン工学科建築・空間デザイン領域イヤーブック委員会が企画して芝浦・海岸地区の現地調査を行ないました。テーマは「都市の座」。藤野雅統さん(建築家・芝浦運河ルネサンス協議会事務局長)を講師に招き、地区の特徴とフィールドワークの心構えを伺いました。Poster Site visit.
131116fujino.JPG 131116bridge.JPG 131116monorail.JPG
131123デザイン工学科建築・空間デザイン領域イヤーブック委員会の企画。現地調査(2013.11.16)の成果を各々パネルにまとめて講評し合いました。立体道路、公園・広場、運河の水面など市街地と港湾の中間にある芝浦・海岸地区ならではの都市の座を発見しました。 Presentation
131123critic.JPG

posted on 2013/11/16

New

新着記事

Category

カテゴリ別アーカイヴ

Monthly

月別アーカイヴ